ゴルフのパット練習は平らな場所から

パットの練習をする際は最初は平らな場所で練習をするようにしましょう。

ゴルフコースと同じように少し傾斜があり、しっかりとラインをよまなくてはカップに入れる事ができない場所で練習をしたいと考える方も多くいます。

パットの練習をして間もない方は、パットですら狙った場所に打つ事ができません。

また力加減も分からないのでカップの近くに寄せる事も難しいです。まずは平らな場所で練習をしてカップの近くに寄せる事ができるようになるまで何回も繰り返し練習をするようにしましょう。

早い方は1週間もすれば、平らな場所でカップの近くにボールを打てるようになります。

ここまで上達をする事ができたら、次のステップでもある傾斜がある場所で練習をするようにしましょう。

いくら平らな場所で上手くカップに寄せる事ができたとしても傾斜がある場所では簡単に寄せる事ができなくなってしまいます。

そのためかなり練習をしなくてはなりません。パットは短い時間で集中をした方が早く上手くなります。