ゴルフのスライスの原因と改善策について

ドライバーでスライスしてしまう原因として、ボールが右の方に曲がっていくかというとそれはボールに強い右回転の力が加わることによって、右方向にカーブしていくからです。

なぜ右回転の力が加わるのかは、ドライバーのクラブヘッドがボールに当たる時に開いていることによって起こります。開くというのは、想定する飛球方向に対してヘッドが右側を向いて当たることを言います。一般的に初心者ゴルファーが起こすスライスの多い理由は、飛距離を出したいと力むあまり、スイングを早く振ろうとして体の回転に腕の振りが遅れ、クラブヘッドが開いて当たってしまうことになります。

要するに振り遅れです。実は初級者にとって気負いがスライスを生む原因にもなっています。スイングのチェックポイントを持つ練習方法は、冷静にスイングができるスライス対策にもなっています。ぜひ練習場で、コースで試して上達することが肝要です。

ゴルフのスイングは一度に多くのチェックポイントがあっても、同時に意識しながらスイングすることはプロや上級者でも難しいことです。