ゴルフ場ラウンドデビューまでのシミュレーション

ゴルフ場でラウンドデビューするにはいくつかのステップを経てからというのが妥当でしょう。

私自身のステップについてもう15年近く前ですがご紹介したいと思います。まず最初は当たり前ですがゴルフ練習場通いです。最低限のスイングができるようになったら次はショートコースに通ってみることをお勧めします。パー3を9ホールもしくは18ホール回ることになるのですが練習場での成果を試すに持って来いの環境だといえるでしょう。並行して、パターゴルフなどでパターの感覚を養うというのも手でしょう。

こうして、少しずつ実践の感覚を磨いた後は河川敷のゴルフ場でフルでラウンドしてみましょう。何よりも平坦で複雑なホールも少ないため、練習になるでしょう。ここである程度の経験を積んだ後に正式なコースデビューとなります。

私の場合、このステップを経たからこそ通常のコースデビューをした時も同伴者や後続の組に大きな迷惑をかけることなくラウンドすることができました。