ゴルフで再現性の高いスイングについて

ゴルフにおいてどんな要素が重要となるかというと、一番重視したいのが再現性という要素です。

スイングのバリエーションよりも、どんな時でも同じスイングを再現することが出来ることで、いわゆる再現性の高いスイングが出来ることこそが、最も求めるべきスキルと言えます。再現性の高いアドレスを作る上でひとつ認識しておかなければいけない要素があります。実際の形と感覚とのギャップの存在です。再現性の高いアドレスを作る上で、まず最初にしなければいけないことが、実際の形と 感覚のすり合わせです。

そのために最初の一歩となる練習が、鏡を使ったアドレス練習”です。鏡の前で、自分の身体特性に適した目標アドレスを作ってみましょう。そのときは鏡を見ることなく、まず自分の感覚でアドレスを作るのがポイントです。

定期的にやっておくと効果的で、スイングの調子がおかしくなったと感じたときなどは、積極的に練習のひとつとして取り入れておきたい要素です。