ゴルフクラブを徐々に長くする練習について

短いクラブからスタートし
徐々に長くして行く練習は
ウォーミングアップの意味もあります。

短いクラブほど体に球が近いので当たり易く
確実に当てて行くことが自信につながります。
タイガーはSW、8I,4I 3W、DRだそうです。

長いクラブを持って芯に当たらなくなったら
また短いクラブに戻って芯に当たるようになってから
また長い物に換える方法が一般的です。

また、短いクラブと長いクラブでどちらかが当たると
どちらかが当たらないという場合は
スイング自体に問題がある場合もあります。

主な原因はトップの位置もスイング軌道も
体に対して一定にしていない場合です。

全てのクラブは体に対して同じトップの位置で
同じ軌道角度で振ります。
違うのは前傾角度だけですので
クラブに合った前傾角度が出せないと
どちらかでその歪がきて当たらなくなります。

また、アドレス時にクラブが体に近すぎたり
遠すぎたりしても同じような現象が現れます。
画像に撮ってスイングをチェックされると良いと思います。