少しゴルフをかじった感想

32歳、実家暮らしの男です。
20代のころに、趣味の幅を増やしたほうがよいということで、父にゴルフを教わりました。

練習場所は「打ちっぱなし」と呼ばれる場所でした(正式にはなんというのかわかりません)。
初めはボールにクラブがあたりませんでしたが、父の手ほどきにより、徐々にかするようになり、
何発に一回かはちゃんと打てるようになりました。
なにかその時、近くにいたおじさんから、「初めてなのにすごいね~」ぐらいのことを
言われて少し気をよくしてましたが、今思えば5歳児を相手にする感覚だったと思います。

それからは特に練習場にいくことはなかったのですが、
父がゴルフに誘った時だけ、ちょくちょく付き合ってました。
やがて親戚と一緒に埼玉あたりのゴルフ場に遊びにいき、ヘボプレイを堪能しました。

しかし、ここまでゴルフっぽいことをやりましたが、
今一つ、ゴルフに対しては特に継続する気持ちにはなりませんでした。

一番やる気を削いだのはコストでした。
道具は父からの借り物で済ませましたが、ゴルフ場の使用料は、
年収が300万そこそこの私にはかなりキビシイお値段に感じました。
やはりあれだけ広大な土地を維持するのだから当然だよな、と。
また、場所も遠く、それだけ交通費もかかるのもしんどいなと。

ゴルフはお金が稼げて、激しいスポーツが得意でない人の贅沢な娯楽という印象でした。
年収300万そこそこの男が手を出すには早い遊びだと。

しかし、ゴルフ場の開けた景色は、デスクワークで狭い机にかじりついてる私にとって、
なかなか開放的でした。
最後にゴルフをしたのは2年前ですが、もしまた機会があったら、
ちっちゃいカートに親戚とすし詰めになって久しぶりにヘボゴルフを遊びたいですね。
※最近、ゴルフ場経営者のほうで、新規利用者獲得の為に、
「サッカーゴルフ」なる試みが出てきてるらしいですが、少しこっちのほうが興味あります。