ゴルフのアイアンの打ち方について

ゴルフでよく利用するアイアンですが、アイアンの飛距離の違いは、番手によってロフト角が調整されているからです。

ロフト角が大きいとボールは高く上がりますが、小さいとあまり上がらず水平方向に飛んでいきます。練習で自分のアイアンショットが思ったほど飛ばない場合は多くはスイングやグリップに問題がある可能性が高いです。アイアンショットでロフト角通りの軌道、距離を出すには、インパクトの時にロフト角通りにフェースがボールに当たらなければなりません。そのためには、ダウンブローの打ち方ができることが重要です。

飛距離が出ない場合は、払うような打ち方、アッパーブローになっているのが原因です。ダウンブローで打つには、スイングの最下点がボールに当たった後にくるように打ちます。気持ち、ボールの位置から5センチ、10センチ先が最下点のイメージです。練習場では、最初ゴムティーを使って、最下点がインパクト後にくるイメージで打ちます。徐々にマットを使って打ちますが、決してマットを叩くようには打たないことです。手首を痛めたり、クラブが折れることもあります。

感覚として、インパクト直後にアイアンのヘッドがマットの上を長く滑っていくイメージです。