ゴルフのフォロースルーで両肘がすぐに折れる場合

体の回転が速ければ遠心力で両腕が投げ出されて
ある程度は両腕が伸びたままフォローの形を作ることができます。
腰の開きによる回転で打てるようになると
自然にその形に近くなっていきます。

ただ、インパクトからフォローの時の体の動きを良く研究し
その通りの動きを素振りで体に覚えさせてから打つようにすると
形は出来上がると思います。

基本的にインパクトから30cmくらいは
フェイスがターゲットを向いたままのフォローをすることで
そのためには何種類かのやり方があります。

ハンズ・フォワードで5時の位置までは
ヘッドが腕を追い越さない方法、
軌道角度をインパクトからは縦ぶりにする方法、
そして、左手の手首を甲側に折る方法などです。

ドライバーはできるだけ両腕を伸ばしたまま
4時の位置で手を返し、両腕を投げ出すように肘を伸ばしたまま
手首を返さずに1時くらいの位置まで両腕(肘)を伸ばしたまま
フォローを取ることが理想だと思います。

この動作によって長いインパクトを作ることができ
方向的に正確なスイングになると思います。