ゴルフクラブの買い替えは自分への投資

シャフトは純正で充分です。

ヘッドとのバランスを考えて作られてますから、下手にリシャフトするよりも純正のほうが使い勝手がよい場合が多いようです。

最初っからリシャフト品もありますので、ふり心地しだいでしょう。

グリップは太いのが好きな場合は、交換してもいいかと思います。

色や感触を換えたい場合も交換していいかと思いますが、重量と長さには注意しましょう。

重さが変わるとバランスが変わります。

長さが1センチ変わってもしなりに影響が出ます。

純正品が一番無難ですね。

ゴルフ5などで試打するときは、HSよりもボール初速と、打ち出し角とバックスピン量を量ってもらいましょう。

HSで飛距離が決まるのではなくて、ボール初速です。

ドライバーはこれはと思う物に出会うまでは買い換えていくものだと思います。

ゴルフを始めてすぐの期間はあれやこれやと好みもスィングも全部変わっていくので、買い換えは練習と同じ自分への投資だと思ってください。もちろん、ゴルフ用品の口コミサイトを読んで判断するのも、

おすすめです。

時には大失敗をやらかすのもゴルフと一緒でリカバリーが大切なんですね。

買い換えが趣味になってしまう人もいるので、それもゴルフの楽しみではないかと思います。