ゴルフボールの選び方について

もともと、ゴルフボールには無頓着でした。

ゴルフをはじめていらい、ロストボール、傷がついているボール、カラーボールなど1回のラウンドだけでも本当にいろいろなボールを使っていたこともあります。しかしながら、少しずつ上達してくるとなんとなくですがボールが変わると打った時の感覚に違いが分かるようになってきました。特にボールの硬さに依存するところはあきらかにわかります。

やわらかいボールを打つとどうしてもヘッド面に張り付いている時間が長いような、いわゆるぺちゃんという感覚をもつようになったのです。まあ、パターを打つときは感覚的なものですが傷がついているボールはまっすぐ転がらない気がしていました。そこで自分のスイングスピードとシャフトを考慮してボールは固めにしました。ディンプルは何となく少ないほうが落ち着くので少な目で。

そしてカート道で傷ついたボールは極力使わないようにして、同じ銘柄のボールを使うようにしています。