ゴルフのグリップについて

通常グリップは、スクウェアとフックの二通りに大別されますが、
最近は腕の余計な動作が少ない、フックを推奨する場合が多いですね。

女性や子供、あるいは男性でも幼少の頃から
ゴルフをされていた方などは体が柔らかすぎて
インパクトで体が開き過ぎることがあります。

その場合にはストロング・グリップにして
方向を調整することがありますが
基本的にはスクエアにグリップして真っ直ぐに跳ぶ
フォームを作ることが大切だと思います。

どこかを変えれば、それの埋め合わせで
他のどこかを変えないと当たらなくなります。
ただ、当たるから良いスイングとは言えません。

どんなスイングでも長年同じことをすれば
ミートするようになります。
ただ、オヤジスイングになることはありますが

シンプルで効率の良いスイングは
無駄な動きを削ぎとったものです。
ストロングにしないと真っ直ぐに出ないスイングは
体が廻り過ぎているか、スエーしているのだと思います。

スクエアに握って真っ直ぐに出るようなフォームに
改造して定着させれば以前よりも正確に打てるようになるはずです。