ゴルフの二大スイングについて

現在、スイング理論で世界的に大きな二つの流れがあります。
その一つはインパクトを長くするために
(フェイスがターゲットを向いている時間を長くする)
フェイスをすぐに返さずに5時くらいまでは
仰るような裏拳の意識からフェイスを返す方法で
もう一つは点で当てるインパクトで
左右対称に振るスイングです。

さて、左手首のコックは甲側はせず(距離は出るが方向が定まり難い)
親指側のコックを使うとパワーが出ます。(方向もまあまあ)
このコックを使うのが前者で使わないのが後者です。

肩からグリップまでの腕の線とシャフトの線でできる角度は
遠心力でインパクト時には多少は延びてしまいます。
この時に同時に左手首のコックのリリースをするのが
前者のスイングで、手のプレインもヘッドのプレインも
どちらもスクエアになります。

また、後者は腕とシャフトでできる角度は伸ばさずに
そして手首のコックもリリースしないので
方向はとても良いのですが距離を多少犠牲にします。
また、グリップのスイング軌道をインに多少引いて
インにフォローしないとヘッドがスクエアになりません。

この二つはどちらも一長一短で甲乙付けがたく
未だに結論が出ていないのが現状です。